効率よく結果を出すトレーニング

貴方の生活を豊かにするスポーツと健康に関する総合情報サイト

トレーニングで結果を出す為には総合的な取り組みが重要

この記事をシェアする

まずはトレーニングの目的を明確化

一口にトレーニングと言っても、その目的や方法は無数にある為、ただ単に見知ったトレーニングを行ったとしても望むような結果が出るとは限りません。

トレーニングは成果を出すことが最も重要であり、成果を出す為にトレーニングの効率化は欠かせない要素となります。

もしもこれからトレーニングに取り組むのであれば、まずは目的を明確にすることによって、必要なトレーニングを厳選することから始めるのがベターでしょう。

なお、具体的なトレーニングの目的例として挙げられるものとしては、運動機能の向上・筋力の増強・ダイエットの三つがスタンダートなもので、例外として、リハビリのような身体機能回復を目的とした医療よりのものもありますが、こちらは医療やリハビリ専門の知識が必要となるので、個々人でトレーニングメニューを組むことはお勧めできかねます。

目的に応じたトレーニング法を探そう

基本的にトレーニングで鍛えることができるのは、筋力・瞬発力・敏捷性・平衡感覚・持久力・柔軟性の六種類で、筋力は筋肉の強度、瞬発力は筋肉の伸縮性、敏捷性は反応速度、平衡感覚はバランス能力、持久力はそのまま持久性、柔軟性は関節の可動域や筋肉の軟化、といった効果が望めます。

ではどのトレーニングがどの目的に有効であるかというと、筋力強化はアスリート全般やボディビルダーに有効で、瞬発力の強化はアスリートに効果が見込め、敏捷性強化はアスリートに効果を望むことができ、平衡感覚の強化はアスリートの体幹強化につながり、持久力の強化は全般的にお勧めでき、柔軟性の強化もまた基礎的な身体能力を高めることが期待できる為、全般的に推奨できるでしょう。

具体的に追及していくと、多くのトレーニングがアスリートに有益であることが分かってくるので、バンプアップやダイエット目的のトレーニング法は比較的容易に絞り込めるはずです。