効率よく結果を出すトレーニング

貴方の生活を豊かにするスポーツと健康に関する総合情報サイト

結果を追及してトレーニングに取り組む

この記事をシェアする

トレーニングで結果を出すキーポイント

今やトレーニングも近代化が進み生理学・運動力学・医学など様々な側面から効率的なトレーニング方法やトレーニング器具、トレーニング理論などが開発され、トレーニングにおいて根性論を持ち出すのは、時代遅れの風潮が強まってはいますが、トレーニングで成果を上げるためには、この根性論や精神論が不可欠となります。

なぜなら、トレーニングを最も効率的に行う方法はトレーニングの継続に他ならず、トレーニングの継続に必要となるものは、自分自身の意思に他ならないからです。

もちろん、継続性まで視野に入れたトレーニング理論も存在しますが、それらはあくまで、トレーニングに取り組むモチベーションを維持することを補助することしかできません。

トレーニング成功のポイントは継続であり、継続を左右するのは自分自身の精神によるところが大きいことは疑いようがないでしょう。

食事をトレーニングに組み込む是非

極論ですが、最大効率のトレーニングを図るのであれば、食事さえもトレーニングに組み込むことが求められます。

トレーニング前後では食事の摂取が体にもたらす影響も異なりますし、体脂肪率を下げたい場合、筋力を増やしたい場合、ダイエットをした場合、それぞれで食事方法を変えることは最高効率でのトレーニングには必須となるのがその理由です。

しかし問題となるのは、食事にまでトレーニングを持ち込んでなお、トレーニングに対するモチベーションを維持しトレーニングを継続できるか否かで、全ての人がストイックにトレーニングに打ち込み、なおかつ食事制限まで我慢できるかと問われれば疑問を呈さざるを得ません。

最高効率のトレーニングを追求し、食事までトレーニングに組み込んだ結果が挫折ではトレーニングの効率化を図った意味自体が失われてしまいかねないのです。