効率よく結果を出すトレーニング

貴方の生活を豊かにするスポーツと健康に関する総合情報サイト

トレーニングに臨むにあたって何を重視するか

この記事をシェアする

効果に拘ったトレーニング法

当然のことながら、トレーニングに取り組む人には何らかの目的があり、トレーニングはそのための手段です。

よって、トレーニングを行うのであれば効果が出なければ意味がありません。

より効率化を図るためには、トレーニング方法を選択する際に自分自身の体質と身体バランスをしっかりと把握しておくことが必要となります。

理由は至ってシンプルで、人は体質によって、痩せやすい人・太りやすい人・体重が変化しにくい人がそれぞれ存在し、それらの延長線上に筋肉が落ちやすい人・筋肉が付きやすい人・筋肉に変化が出にくい人がいる為に、トレーニングの効果は一律に同じであることはありえず、それまでの人生における運動との関わり方も含めた、先天的な体質と後天的な体質の両方が複雑に影響している為です。

トレーニングの効果に拘るのであれば、自分の体質の把握は欠かせません。

継続を重視したトレーニング

トレーニングは激しいものでなければ、短期間に劇的な効果は望めないため、効率的なトレーニングと言うと、どうしても辛いイメージが付きまといますが、ハードトレーニングが、絶対に効果的かと問われれば、疑問が残ります。

効率のいいトレーニングとは、成果を追及したトレーニングでこそありますが、短期間のハードトレーニングが最大効率を上げることができるのは、下地となる基礎的な身体能力が備わっている人で、なおかつハードトレーニングに最後まで取り組むだけの精神力を持った人が大半を占め、ハードトレーニングに耐え得る最低限の基礎体力を備えない人が克己心だけで成功させるのは稀なケースです。

結局のところ、効率のいいトレーニングはただ単に効率を追求するだけでなく、継続性を考慮することこそ重要であると言えるでしょう。